エアコン清掃

今年も高温多湿、このような気象現象では、
水回りやエアコンのカビの繁殖は避けられません。

弊社は今年も業務用と家庭用のエアコンを約200台ほど洗浄しました。
以前は5年サイクルで洗浄していましたが、
近年はスパンが早まり2~3年に一回の洗浄になっています。
その理由はハッキリ分かりませんが、昨今の気象変化と無縁とは言えません。

今回の依頼者は、最近咳き込みが酷く心配になりコロナの検査を受けたそうです。
幸い結果は陰性で安堵されたようですが、その後も咳き込みと喉の調子が悪く、
再び先生に相談したところ、部屋の換気とエアコンの
カビ取り清掃を勧められたそうです。

社員がエアコン本体のカバーを外すや否や「あ~」と声を上げたので、びっくりして
エアコン方向を見上げると、白い埃が吹雪のように上から舞い落ちてきました。

エアコン清掃を見つめていたお客様も、こんなに埃が溜まって汚れていたのか!ここから送風されていた空気を吸っていたのかとビックリされていました。

社員2名がエアコン本体を分解洗浄して、カビと埃を完全に除去しました。
バケツに垂れ込む汚水が墨汁のように真っ黒になりました。
更に室外機も分解洗浄して、送風力を高める作業も終えました。
今後、お客様の症状が快復されますことを、ご祈念申し上げます。

社員のみなさんお疲れさまでした。
ありがとうございます。

クリックまたはタップで大きな画像を見ることが出来ます。

前の記事

有料老人ホームへ入所